包装市場におけるガラス瓶の5つの利点

現在、国内市場の包装分野では、さまざまな材料の包装材料、特にプラスチック(構造:合成樹脂、可塑剤、安定剤、カラー)ボトル包装が、飲料業界のローエンド市場の半分を占めています。江山は、主に低コスト、軽い輸送、ペットボトルの便利なリサイクルのためです。ペットボトルに含まれるフェノールA(エマーソン)の繰り返し暴露の問題により、消費者(消費者)が飲料を選ぶ際にガラス瓶に詰められた飲料に注目するようになっています。ペットボトルの包装は、雰囲気が高いだけでなく、(トングオ)国家品質検査部門の検査にも合格しているため、消費者から信頼されている包装材料です。

顧客の段階的な喪失は、包装にペットボトルを使用している飲料会社の警戒を呼び起こしました。一部の先見の明のあるメーカーは、ペットボトルを放棄し、ガラス瓶のパッケージに切り替えました。当初は製品コストが上昇しますが、市場には一定の適応期間があります。長期的な検討は価値があります。伝統的な企業が長い間市場に勝ちたいのであれば、彼らは変革し、適応するだけでなければなりません。人々の心は市場に勝つことができます。ガラス包装が徐々に市場シェアの大部分を獲得し、包装会社に支持される理由には、その利点がなければなりません。

ガラスびん包装の利点は何ですか?

(1)ガラス素材は鉛フリー・無害であり、バリア性にも優れているため、各種ガスによるボトル内の物体の酸化・侵食を防ぎ、内容物の揮発を効果的に防ぐことができます。成分は大気中に蒸発します。

(2)ガラスびんはリサイクルして繰り返し使用できるため、企業の梱包コストを削減できます。

(3)透明なガラスの質感は、ボトルの中身の色を簡単に屈折させることができます。ガラスびん私の国の伝統的な飲料包装容器であるガラスは、長い歴史を持つ一種の包装材料でもあります。多くの包装材料が市場に投入されている現在でも、ガラス容器は飲料包装において重要な位置を占めており、他の包装材料に取って代わることのできない包装特性と切り離せません。

(4)ガラス瓶は安全で衛生的で、無害で無害であり、耐食性と耐酸性に優れており、ワイン産業、乳製品産業、食用油産業、飲料産業などに特に適した特別な包装上の利点があります。酸度。野菜や飲料、食用酢の包装などの物質。

(5)また、ガラスびんは企業の自動生産ラインの大量生産に適しているため、国内のガラスびん自動充填技術および設備の開発も比較的成熟しており、ガラスびん包装は国内で非常に大きな生産上の利点があります。および海外市場。

例えば:

私たちの生活では、ビールはその程度がそれほど高くなく、滑らかで美味しく、飲んでも飲みにくいため、特に人気のある飲み物です。同時に、ビールはいくつかの泡で満たされています。、味が良くなり、舌先の反応も良くなるので、入国後すぐに若者を魅了しました。酒類市場は多くの若者に愛されてきましたが、ビールをさまざまな場所に輸送したい場合は、さまざまなパッケージも必要です。市場には2つの一般的なビールパッケージがあります。1つはガラス瓶に入ったビールで、もう1つは缶に入ったビールです。2つの違いは何ですか?当初、多くの若者は、素材が違うからといって、両者に違いはないと思っていたに違いありません。実際、その理由を知っていれば、将来ビールを飲んでも間違ったビールを買わないだろうと推定されています。

子供の頃の十数年前、市場に出回っている缶の多くはあまり人気がなかったので、当時はビール市場が市場に出ていて、ガラス瓶ビールが主流でしたが、過去10年間は​​缶が主流でした。徐々に交換されたガラス缶ビール。スーパーの棚やお店では、缶ビールがよく見られます。低コスト、軽量、持ち運びが容易なため、輸送時の完全性を維持できるため、ビールの缶は多くの人々に人気があります。引っ張りだこ。

しかし、農業生産システムがいくつかの高級クラフト醸造バーに行くと、棚にはあらゆる種類のビールがあり、それらのほとんどはガラス瓶であり、缶に入ったビールはめったに見られないので、現在はガラス瓶に入っています高品質のビールの代名詞にもなっています。何が起こっている?ビールはもともと小麦胚芽から発酵していることがわかったので、充填時に二酸化炭素や窒素を加えて加圧し、ボトル内の酸素を可能な限り排出します。

したがって、缶やガラス瓶の材質から、どちらの加圧効果が優れているかがわかります。ガラス瓶の見かけの厚さは缶よりも大きくて強いです。それが耐えることができる圧力は、缶のそれよりはるかに大きいです。、圧力を上げると、より高い圧力を加えることができるため、ビールの品質をより適切に保護できます。さらに、ガラスはもともと非常に安定した化学的性質を持つ材料であり、ボトル内のビールと化学的に反応しません。しかし、缶は一般的にアルミニウム-鉄合金を原料として作られています。彼らがビールと接触したときに起こるかもしれません。それに応じて、時間の経過とともに、ビールのフレーバーは非常に大きく変化し、ビールの味はひどく、メタリックにさえなります。

ですから、ビールの資格が豊富な人ではなく、利便性と迅速さのためだけにビールを飲む場合、通常の状況では、ビールの品質をそれほど追求しておらず、あまり飲まないため、缶ビールを選択します。もっと具体的に。ただし、ビールの試飲の観点から、重量や携帯性を考慮しない場合は、缶ビールよりもガラス瓶ビールの方が優れています。したがって、ビールの品質と意味合いを味わいたい場合は、ガラス瓶に入った高品質のビールを選択することをお勧めします。


投稿時間:2020年10月16日